english@work

すぐ使える!英語での電話応答~取り次ぎ方

皆さんこんにちは、なつです!

海外のお客様とお仕事をさせて頂いていた経験からいろいろなシーンで使える英会話や海外のお客様に対するおもてなしに関して「海外の方と働くこと」をいろいろお伝えできたらと思います。

きょうりゅうくん
きょうりゅうくん
会社で海外のひとから電話かかってくる・・こわい・・
てぃらのくん
てぃらのくん
他の人に取り次ぐだけなら簡単だよ!

<英語での電話応答~取り次ぎ方>についてご紹介したいと思います。ご参考になれば幸いです!Let’s go!

随分前からグローバル化が進み、会社に海外のお客様や社内の海外法人から電話がかかってくる、という方多いのではないでしょうか。

私もメーカーに勤めていて、グループ会社の海外法人の方からお電話を頂くことが非常に多いです。やはりメールより電話の方が話が早い場合ってありますよね。

そしてきっと、本記事にご覧頂いている方は「自分宛ではないのだけど、取り次ぐことが多い」という方も多いのではないかな、と思っています。

これが言えれば大丈夫!

まったく英語が・・という方も大丈夫!以下フレーズだけ覚えてしまいましょう!

大丈夫です、電話取り次ぎ、ということは相手さまは話したい相手の名前を知っているし、ほとんど相手さまが話してくれます。

取り次ぐ相手がいる場合

貴方)Hello! This is 〇〇 speaking.

相手)△△san, please. (=May I speak to △△san ?)

貴方)I see, please wait a minute.

取り次ぐ相手がいなかった場合

貴方)Hello! This is 〇〇 speaking.

相手)△△san, please. (=May I speak to △△san ?)

貴方)I’m sorry but He/She is out of office.(事務所にいません)

英語が全く・・・という方は、上記フレーズを覚えてしまえばOKです!!

取り次ぐ場合は、取り次ぎ先(上記の場合△△san)が聞き取れれば、95%できたも同然。

取り次ぐ相手がいなかった場合、というのは様々なパターンがあると思います。

その他の表現

お休みで不在の場合:He/She is not here today.

電話中などで対応不可の場合:He/She is not available at the moment.

会議中の場合:He/She is in a meeting now.

会議終了時間が分かる場合:He/She is in a meeting until 4pm.

などいろいろフレーズはあります。

しかし、英語は全く・・という方はひとまず「He/She is out of office」が言えればOKと思います。

英語での電話応対に自信がついてきたら色んなフレーズを覚えていただけたらと思います。


 

 

 

ABOUT ME
さまなつ
1989年生まれ。 国立大学院(修士:環境学)を修了▶大手自動車系メーカーへ就職▶エンジニア兼日英韓通訳として従事▶3歳・5歳の甥っ子を愛でる日々。 趣味:語学学習・旅行・競馬(収支プラスで推移中)