movies

【Netflix】アニメ映画:聲の形 あらすじ・感想

日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞作品
「聲の形」を見て、思うところがあったのでシェアさせてください!

さまなつ
さまなつ
この作品をご存知でしょうか?2016年興行収入第10位で何ヶ国もで上映されている作品なんですって

核心的なあらすじには触れてないですが、
少し?ストーリーの雰囲気の部分はネタバレになってしまいかもですので
ご注意ください

あらすじ

高校生の将也は、人生リセット=自殺しようと
お金を銀行から全額おろしたり自分の部屋のものを売ったりする
橋から飛び降りようとするも断念

将也は小学生の頃、転校してきた耳の聞こえないショウコを周りに煽られて
いじめてしまう

それを悔いて悔いて・・・
ショウコと再会して
自分とショウコと、その当時のことと
向き合って行く

感想

いやあ、
重いっっっ!!!

ズーーーンとしましたーー!
なんか、
将也の調子に乗っちゃうかんじ、
でも後ですごい自己嫌悪に陥って人が怖くなるかんじ
人との関わりを避けたくなる感じ
死にたくなる感じ

すごい分かりすぎてこころが重くなりました

誰しもがあるんではないでしょうか
この小学生の頃の将也ほどじゃなくても

言い過ぎちゃって後悔したりなにもかもやめたくなりたくなったり

また周りの子の性格がもう・・それはもうほんとリアルでイライラしたーーー!笑
おるおる、あぁゆう子!!

将也がそゆ子たちに
いままで思ってたこと言ってしまうシーンがあるんですけど
ほんとそう!そうだよそうだよ!
ってわたしも激しく思いました

が、将也は言ったことで自己嫌悪に陥ってしまって
反省するんです
もう辛かったーーー!
さいごは
きれいに倫理的に道徳的に収まったって感じに終わりました

ある意味すごく現実味のあるかんじに

わたし的には
現実だと言えない、できないこと=現実味のなさ、を
ある種テレビのなかで具現化してみるような期待をして見ちゃうんです

ほら、イケメン俳優さんと恋愛したりってゆうのも
現実だとありえないきゅんきゅんを擬似体験させてくれるとゆうか

そうゆう、良い意味の「現実味のなさ」がなかった作品でした

現実味が溢れすぎてて

おわりに

わたしにはちょっと辛すぎる作品でしたが
日本アカデミー賞受賞作品で
他にも名だたる賞も受賞している話題作です
さらに約30ヵ国で上映されています

日本での興行収入も上映年度10位になるなど評判の良い作品のようです

わたし的にはズーーンと来てしまった作品なので
あんまりオススメはしないですが、
話題作ということで感想シェアさせて頂きました!
どなたかの参考なりましたら幸いです

おわり☆

ABOUT ME
さまなつ
1989年生まれ。 国立大学院(修士:環境学)を修了▶大手自動車系メーカーへ就職▶エンジニア兼日英韓通訳として従事▶3歳・5歳の甥っ子を愛でる日々。 趣味:語学学習・旅行・競馬(収支プラスで推移中)